1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 株式投資と債券投資の違い
  4. 債権投資 » 
  5. 株式投資と債券投資の違い

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

株式投資と債券投資の違い

株式投資と債券投資の違いについてお話します。

株式投資とは、企業の成長のために資金を提供する
ことです。株式は、平日は毎日取引されていて、午
前は9時から11時(前場と言う)まで、午後は
12時半から3時(後場)までが、取引時間になり
ます。その時間にはいつでも売買することができる
のが特徴です。

株の売買時に手数料がかかるのですが、キャピタル
ゲイン(株を買ったときの値段から売る時の値段ま
での利益)を主な目的に株式投資をします。

ただし、株式投資は株価が元値を割り込む(元本の
保証はありません)ことがあり、買った値段よりも
安い値段で売ると損益が出てしまいます。

一方、国債などに代表される債券投資は、国に対し
てお金を貸すことになるので、決められた期間を待
っていれば、必ず定められた利子がついて元本が戻
ってきます。

中途解約をしない限り、5年、10年と決まった期
間を持つことで、確実に利益を得ることが出来る点
が、株式投資と債券投資の大きな違いといえます。
ただし、株式投資のように毎日購入できるわけでは
なく、国債を購入できる時期が決まっています。

また、株式投資は成長するであろう企業の未来に対
して、投資します。過去から現在までの企業の業績
を調べ、株価変動のグラフ(株価チャートと呼ぶ)
などを参考に株式投資をする企業を決めることがで
きます。

さらに企業によっては、株主優待制度があり、レス
トランの無料食事券や百貨店の割引券などが年に1
~2回郵送されてくることもあります。なお、株価
は、単に企業の成長だけに連動するものではなく、
海外の株式相場にも大きく影響されます。

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。