1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 外貨預金の比較(銀行、通貨、タイプ、金利)
  4. 外貨預金 » 
  5. 外貨預金の比較(銀行、通貨、タイプ、金利)

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

外貨預金の比較(銀行、通貨、タイプ、金利)

外貨預金を始めようと考えた時に、どこの銀行で、
どこの国の通貨を、どんなタイプの外貨預金で、
預金するのかを慎重に検討しましょう。

外貨預金と言っても外国の銀行にお金を預けるのでは
なく、日本の銀行に外貨で預金をするのです。

外貨預金を取り扱いをしている銀行は、大手メガ
バンクや都市銀行などです。例をあげるとみずほ
銀行や三菱東京UFJ銀行などです。

各銀行によって金利や手数料が少しずつ異なります
から、インターネットサイトなどで比較してみると
各銀行の違いと特徴がよく分かります。

国によってまちまちですが、平均的な外貨預金の金利
は1年で数%ですが、日本の銀行に円で預けた場合の
金利が約0.01%未満ですから比較をしてみると、外貨
預金が如何に金利が大きいか明らかです。

定期預金にするのか普通預金なのか、あるいは預ける
期間によって選択する銀行が変わってきますので、
どこの銀行に預けるかはよく考えなければなりません。

次に考えたいのは、どの国のお金(通貨)で外貨預金
をしたいのかと言うことです。ポイントとしては、
やはり全世界の基軸の通貨のアメリカドル、ヨーロッパ
の通貨であるユーロ、そしてもとになる日本の円の3
つの通貨です。

他にドル圏としてオーストラリア、カナダ、ニュー
ジーランドなどのドルもありますが、やはり基本は
アメリカドルとユーロとの比較になります。世界の
金融情勢などをよく把握して、リスクの高そうな国
の通貨は避けるようにしてください。

ただし最近のリーマンショックのような、予測不可能
なリスクにも対応できるように主力を決めつつも、
分散投資をしておいた方が安全でお勧めです。

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。