1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 外貨預金の金利の比較と変動
  4. 外貨預金 » 
  5. 外貨預金の金利の比較と変動

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

外貨預金の金利の比較と変動

外貨預金の金利は、日本国内預金の金利と比較すると
一般的に大きくなっています。この金利はどの通貨も
同一のものではなく、外貨預金の対象とした通貨が
流通している国の、経済状態や政治情勢によって
異なります。

ではどのような経済・政治状態の時に、金利が
どのように変動するのでしょうか。たとえば、
経済状態が活発で好景気な上に、国としての成長
が今後も続くであろうと思われる国の場合が、
その代表と言えるでしょう。

例えばインドや中国。この他にもインフレ傾向と
呼ばれる状況があります。これは景気のが過熱し
た影響で、急激に物の値段が跳ね上がることです。
これはオセアニアの国々や南米大陸の国家に多く
見受けられます。

また、不況で経済が低迷ししまい、いわゆる不景気
の場合や、国家としての経済が成熟しきっている
だけでなく、将来に渡ってもあまり成長が望めない
場合です。これは、フランスやイギリスなどの
ヨーロッパ先進国に多く見られる傾向です。

外貨預金の対象とする通貨が流通している国の経済
状況は、金利に大変大きな影響を及ぼしますので
注意してください。

また、預金する銀行によっても、金利は変わって
きますが、これは、金利はもちろん取り扱い
手数料も銀行独自の裁量で自由に設定できること
になっているためです。一般的に大手銀行の方が
小さな銀行よりも、高めの金利や低めの手数料の
商品を取り扱っています。

最近では、インターネット銀行のように一般の銀行
よりも人件費や施設代などの経費が節約できる分を、
金利や手数料に大幅に還元している銀行もあります。
銀行の窓口で相談するのはもちろんですが、インタ
ーネットサイトなどで金利や手数料を調べることが
できますので、事前に調査しておくことをお勧めし
ます。

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。