1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 外貨預金とその手数料の注意点
  4. 外貨預金 » 
  5. 外貨預金とその手数料の注意点

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

外貨預金とその手数料の注意点

外貨預金は日本円と外貨を交換するため、この取引
の際に手数料が発生します。これは預け入れ時、
引き出し時、ともに同じです。

円で預金をした場合と、外貨預金との大きな違いは、
取引時の為替手数料です。預け入れはもちろん、
満期で受け取る時、途中解約で現金を引き出す時に
も、この為替手数料はかかってきます。

一般的にアメリカドルで取引をした時には、1ドル
につき往復2円の為替手数料が発生します。これは
平均的な金額なので、金融機関によって多少の違い
があり、またアメリカドル以外の通貨だと手数料は
違ってきます。

ニュージーランドドルを例にすると1~5円と銀行
によってかなりの幅があります。では、なぜ同じ銀
行で通貨によって手数料が違ってくるのでしょう。

手数料の違いは、その銀行がある通貨でどの程度の
量の取引をしているかによるもののです。どの銀行
でも最も取引量の多いアメリカドルは手数料が安く、
取引量が少ないカナダドル、ニュージーランドドル、
イギリスボンド、は手数料が高くなっています。

通貨の取引量と手数料は言わば、反比例の関係にあり
ます。取引量が増えれば増えるほど為替手数料は下が
り、取引量が減れば減るほど為替手数料は上がるのです。

海外に行くときには、安全の面から現金以外に
トラベラーズチェック(T/C)を持っていきますが、
このトラベラーズチェックで預け入れや引き出し
をする際にも、やはり為替手数料以外にも手数料が
かかります。

さらに銀行の窓口に直接自分で外貨を持ち込んだ
場合にも、通貨の種類や取引の内容にかかわらず、
別途手数料が請求されます。

どんな取引でも外貨預金には手数料がかかると
言うことなのです。

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。