1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. UFJ銀行の外貨預金について
  4. 外貨預金 » 
  5. UFJ銀行の外貨預金について

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

UFJ銀行の外貨預金について

日本を代表するメガバンクである三菱東京UFJ銀行
でも、もちろん外貨預金を取り扱っています。

近年、銀行が倒産してしまうと言う、以前では
考えられないような事態がいくつか起きていま
すが、三菱東京UFJ銀行は、銀行としての信用
格付がA+と言う評価を受けていますので、
まず安心だと言えるでしょう。

三菱東京UFJ銀行では、外貨預金をした場合、
取引の金額や預金の額やによって、金利が決まり
ます。

また金利ばかりでなく為替手数料も見ていきますと、
アメリカドルの為替手数料は1ドルにつき2円と
なっていて、一般的な金額です。その他、ユーロで
3円、ニュージーランドドル、オーストラリアで
4円と、やはり取引量の多い通貨の手数料は低く
なっています。

これに対してスイスフラン、イギリスポンドは
8円と高い手数料になっています。また同じ
アメリカドルで考えると外貨普通預金より外貨定期
預金の方が金利が高くなっているので、長期に渡っ
て預金をしておいた方が金利的には有利ですよね。

しかし長期に預けるつもりで外貨定期に預金して
いていても、どうしてもやむを得ない事情で中途で
定期預金を解約しなければならない場合もあるかも
しれません。

原則として外貨定期預金は中途解約はできないこと
となっていますが、銀行側がその事情を認めたとき
だけは解約することが可能なのです。

ただしこの場合、預け入れ開始日から解約日までの
通貨の金利は受け取ることができるのですが、この
場合の金利は、外貨普通預金の金利が適用される
ことになります。この点が外貨定期預金を途中で
解約したペナルティでしょう。

取引時間についてですが、年末年始やメンテナンス
を除くと、インターネット、モバイルバンキングは
24時間体制で対応してくれます。ただし、この場
合の為替レートの変動は1日1回に限られます。

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。