1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. ソニー銀行の外貨預金
  4. 外貨預金 » 
  5. ソニー銀行の外貨預金

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

ソニー銀行の外貨預金

外貨預金は現在の低金利にあえぐ日本円の預金より、
金利が高いので、以前からの顧客以外にも、新しく
取引をしようとする人も増え、注目されています。

この外貨預金は、ほとんどの銀行で扱っているので
すが、このページではソニー銀行の特徴やメリット
について見て行こうと思います。

ソニー銀行はインターネット銀行です。インター
ネットを使っての取引なので、店舗を持っていま
せん。店舗をもつ銀行に比べると、施設維持費や
人件費などが不要で、コストを抑えることが可能
です。その分が為替手数料の引き下げに反映され
ているのです。

具体的に紹介しますと、アメリカドルは一般的に
1ドルにつき往復2円の為替手数料が必要なので
すが、ソニー銀行の場合、片道なんと25銭、
往復でも1円かからないのです。

オーストラリアドルの場合はもっと顕著で、多く
の銀行では、往復4~5円かかるのですが、ソニ
ー銀行は往復で1円ですみます。

金利が高く設定されていても、為替手数料を差し
引くと利益はほとんどないに等しい、と言うケ
ースは避けられることが多く、それがソニー銀行
の外貨預金の大きなメリットであると言えるで
しょう。

他にもメリットはあります。為替レートの変動は、
1日1回のみの確定としているのがほとんどですが、
ソニー銀行では動き続ける為替相場に可能な限り
迅速対応できるように、市場のレートが約10銭
変動した段階で取引レートを見直しています。

もちろん24時間取引可能ですが、外出中や夜中
に為替レートが変動した場合の対応策として、
外出前や就寝前に、あらかじめ取引したい為替
レート指定して、そのレートになった瞬間に
自動的に取引をする、と言う「指値注文」が行
えるのです。

株の取引では当たり前に使われているこの方法を
取り入れているのも、ソニー銀行の外貨預金の
大きな特徴です。注意するポイントとしては、
1ドルにつき10銭の指値手数料がかかると言う
点です。従って「指値注文」は本当に必要な時だけ
に利用を限定するようにすると良いでしょう。

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。